読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

技術者・研究者って好きじゃないとできませんよね

f:id:goodbazzbug:20160524115438p:plain

 

こんにちは!

 

レジ袋です!

 

暑くなってきましたね。朝も早くなってきたし眠りにくい季節ですね。さらにこれから眠りにくくなりますよね。。。梅雨が来ますし。ジメジメ

今のうち程よく暑い気持ちいい気候を楽しんでおきましょう!

 

 

さてさて今日の話題は、

いい物作るの技術と、物を売る技術のは別!

です。

少し題名とだいぶ違いますが、読んでたらつながりますんで。。。

最後まで読んでください!笑

 

Appleとかソニーとかいいもの作ってますよね。iphoneとか携帯付き腕時計とか使いやすいし、めちゃ売れてます。

f:id:goodbazzbug:20160524115345p:plain

でも、これってなんで売れてるんでしょう?

いいものを作っているから?

本当にそう思いますか?僕は違うと思っています。

 

おいしいものを作っているのに人気がない店とかありますよね。逆に、たいしてうまくないのに人気のある店(マ○ク、来○亭とか)があります。笑

人に関しても言えます。イケメンで頭が良くて性格もいいのにモテない男とか笑

他にもいろいろ。。。

 

これらの事例から、

「いい物を作る」と「物を売る」は別なんです!

 

じゃあ、なんで売れてるんでしょうか?

それは、何を売るかをざっくり決めたら、まず

どう宣伝(集客)するかを決めているんです。

 

例えば、マ○クでしたら、

「家族層をターゲットに絞って、家族はTV見るから家族受けするCMをながして、、、」みたいな

いいものを作るのは、そのあとでもいい。

 

しかし、日本では「モノづくり文化は日本の魂じゃ!」みたいな感じでやたら高性能なものを作るけど、性能が余分だったり、売り方がへたくそだったりする。

ほんで失敗した人はお互い努力を誉めあい、成功してないのに苦労話で花を咲かせる。

うーんいやですね。。。

 

 

技術者とか研究者は斬新なものを開発・発見することが目的で、モノ作りはなかなかできることではないと思います。しかし、僕は研究していた時は本当に役立つんだろうか?って思ってしまう。

なぜかというと、自分の研究の先に人が見えなかったから

だから、技術者とか研究者は目の前の研究自体が好きじゃないとできない。

 

これはほかの人にはできないことです。

 

f:id:goodbazzbug:20160524121825p:plain

だから、僕は科学者や学者は本当にすごいと思いますし、好きなことをやれている自体本当にうらやましい。心から尊敬してます。

 

僕も少しずつ自分の好きなことやれるよう日々精進します。

 

 

「誰のためにどう売るのか?」 これ今日の肝

 

ということで、以上!